プリ小説

第22話

どこへ向かうのだろう?

形だけ作り 伝えることはせず

私の中で溶けて染み渡った


軽々しく飾ることが出来ない

君に気付かれてしまうかもしれない

だから1歩も踏み出せなかった


気持ちは均等に分離していたけど

勇気が足りず身を隠す方へ傾いた


形がなくなった君への想いは

言葉で伝えるのはもっと難しくて


今度機会があっても

また繰り返すのか

形すら作らなくなるかもしれない


この想いはどこに向かうのだろう?
星空 あみん
すっかり忘れてましたが、非公開になっていたポエムです。

何のことかもよく分かりませんでしたが、ポエムの大分下の方に、「恋とチョコを掛けた感じ?」とあったので、多分バレンタイン時期に投稿しようと思ってたものだと思います(汗)

書きかけだったようで、勇気~傾いたの所までで、どうやって繋げたらいいかも分からず、タイトルも悩んで、今の気持ちのまま、このポエムはどこへ向かうんだ?という意味でつけました(苦笑)

下にあった説明文?をヒントに、ちょっと足してみましたが、上手く繋げられたのか微妙ですね…。

タイトルと最後の1文の「どこ」の後が違うのは敢えてです。

タイトルはポエムはどこへ向かう?って感じで、ポエム内ではどこに向かうの方が合う気がしただけです(どっちでもいい気もするけど)

ところで、「軽々しく飾ることが出来ない」って何を指してるのでしょうね?
当時の自分に聞きたいです(笑)

自分で考えたので、何となく分かる気もするのですが、こじつけてるだけな気もするので、答えを聞きたい(笑)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

星空 あみん
星空 あみん
暫く放置してましたが、またマイペースに気まぐれに紡ごうと思います。 創造力や文才がなく、漢字に弱く、日本人の癖に日本語もまともに使えないので、おかしな点があったり、読みにくいかも知れません。 プリ画像で似たような名前で素材投稿中心に活動してましたが、そっちの方は今も放置中なので、いつの間にかプリ小説のポエム中心になってます。 物語など考えられないので、ポエム中心になると思います。 ポエムの言葉の並べ方なども適当でちゃんとしてなくて申し訳ございませんが、それでも宜しければご覧下さい。