プリ小説

第11話

叫び
ゲームセンターで遊んだあと、二人と別れてこの前の丘に。
真剣佑
真剣佑
…どうした?
あなた

いや〜、なんかちょっと


バイクにまたがったまま新田くんは私を見ていた。

夕陽が綺麗で、心が洗われる。
あなた

私ね、あの学校が大っ嫌いなの

真剣佑
真剣佑
…え?
あなた

呼び捨ては禁止、タメ口は禁止…えらすぎて

真剣佑
真剣佑
…そうなのか
あなた

まあ、先生にバレないように紫乃ちゃんだけには使ってるけど、本当はちゃん付けするのもめんどくさいし、ちゃん呼びするの似合わないしさ


本当はずっと思っていた。


息苦しくて楽しくなくて。


紫乃ちゃんがいれば楽しいけど、いない時は本当につまらなかった。

やめたいって思うことも何度もあった。

でも、お父さんが困る、お父さんのためにって頑張ってきた。
あなた

…普通の家に生まれたかったな〜


自分は金持ちの器じゃないことは理解しているつもりだ。

最終的に、お父さんの家業を継ぐにしても、ほかの人に頼みたい。


小さく呟いた言葉は誰に届くわけでもなく沈んでいく。
真剣佑
真剣佑
…あなた、
あなた

…あ、ごめん、こんなこと言ってもわかんないよね

真剣佑
真剣佑
…あなたには許嫁とか、将来を任せられる相手はいないの?
あなた

……え?…いないよ、そんな人

急に聞いてくるもんだから、驚く。
あなた

…新田くんがなってくれるのー?

なんて、冗談っぽく聞いてみる。
真剣佑
真剣佑
……わかんない
あなた

わかんないって…冗談だし!


バシンと背中を叩く。
真剣佑
真剣佑
…力になれることがあったらいつでもいって

いつでも?
あなた

…彼氏になってよ


呟いた言葉は地面に沈んでいった。

真剣佑
真剣佑
……帰るか
あなた

うん



家の近くまで送ってもらってヘルメットを渡す。


あなた

ありがとね、今日は

真剣佑
真剣佑
いや、あまり力になれなくて、すまない
あなた

んーん、なんかスッキリしたから大丈夫

真剣佑
真剣佑
そうか、それなら良かった
あなた

また、明日ね

真剣佑
真剣佑
…おう

金髪が風に攫われて綺麗に光る。













その日から、新田くんが送り迎えをすることはなくなった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

優良 ( ユラ )
優良 ( ユラ )
🌱『三度の飯より 妄想 が好き』 皆さんはじめまして . 優良 ( ユラ ) と申します . 🐚 " ゆる───く ゆ───っくり " がモットーです . ─────────────────────── 👸🏻優良 ( ユラ ) ✔永遠 ノ 高校 参 ネンセイ 🌹 主に菅田将暉 雑食癖あり 卍 ✄✄ ( 高橋一生 + 成田凌 + 吉沢亮 +伊藤健太郎 + ムロツヨシ + 中村倫也 etc.. ) ✐妄想話 ✐リクエストされた話 #優良の妄想パラダイス #妄想話 🗣 応援してくれているみなさん、いつも有難うございます💐 ─────────────────────yr─ 【プリ画像も同じ名前でやってます«٩(*´꒳`*)۶» もしよろしければフォローしてあげてください !!】