プリ小説

第22話

生きる意味
気がつくと、病院だった。


ガーゼが頬や色々なところに貼られていた。




そら
もう、平気?あなたちゃん
あなた

……そらくん、あ、新田くんは

そら
大丈夫だから、それよりあなたちゃんは平気なの?傷痛くない?
あなた

…私は、大丈夫


手術中のランプの前でうなだれる。


そらくんが頭を支えてくれて肩に預ける。



悠貴
…もう遅いから帰れ
あなた

嫌だよ、待ってる

悠貴
…もう2時間以上たってる。お前の携帯も壊れて連絡がつかないって紫乃が言ってたし、とりあえず今日は
あなた

嫌だよ!私のせいで!新田くんが!

悠貴
お前のせいじゃない!

暗く冷たい廊下に声が響く。


あいにく看護師はいなくて怒られることは無かった。


悠貴
新田の気持ちも尊重してやれ、今日はゆっくり休め、お前も傷だらけだぞ

そう言われて、身体を見回すと、痛みが走る。


頬も微かに痛みが残っていたし、肘にも包帯が巻かれていた。


制服も今ではビリビリになっているからそらくんの学ランを着ている。



悠貴
…新田は俺がついててやるから、お前は帰れ
そら
……送っていくから、行こう?
あなた

………わかった

そう言って、重い腰をあげる。


足取りが重かった。









そら
乗る?
あなた

ん、歩く

そら
わかった
バイクを引いて合わせて歩いてくれる。


そら
マッケンはさ、前まで全然笑顔とか見せなくてさ

沈黙を破ったのはそらくんだった。

そら
喧嘩してても、いつ死んでもいいって思ってるっぽくて
あなた

…うん

そら
でも、あなたちゃんに会ってからめっちゃ変わって、顔がイキイキしてた
あなた

…でも、私の

そら
あなたちゃんのことになると、周り見えなくなるくらいでさ。前なんて最近会ってないって話しただけで泣きそうになってたよ
あなた

…え?

あなた

…あ、でも、全然会ってくれなくて嫌われたと思ってた

そら
あーそれね、つけられてるって話してきたから、マッケンがあなたちゃんには危害がないように〜ってあまり会わせてくれなかったの
あなた

そう、なんだ

全部、私のため…?


それなのに、私。


嫌われたなんて。



そら
だから〜、マッケンは大丈夫だし、それに
バイクを止めて顔をのぞき込む。

そら
きっと、マッケンにとっては命よりも大事なもの見つけたんだと思うよ
あなた

……私っ、だって、新田くんがいないと、もう、生きていけない…!

そら
とりあえず乗って、遅いから早く行こう
言われるがままにバイクに乗って夜の街を駆ける。

涙は拭いても拭いても止まらなくて。


さっき枯れるまで出たと思ったのに、まだ身体の中には水分が残っていた。




そら
…はい、着いたよ
あなた

…ありがとう

そら
変なこと、考えちゃだめだよ。マッケン、きっとあなたちゃんがいないと生きていけないから
あなた

……わかってる……じゃあ、新田くんに一言伝えといて

そら
………あははっ、了解しました、伝えとく。今日は危険に晒しちゃってごめんね。ゆっくり休んでね、
あなた

…うん、そらくんもありがとう

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

優良 ( ユラ )
優良 ( ユラ )
🌱『三度の飯より 妄想 が好き』 皆さんはじめまして . 優良 ( ユラ ) と申します . 🐚 " ゆる───く ゆ───っくり " がモットーです . ─────────────────────── 👸🏻優良 ( ユラ ) ✔永遠 ノ 高校 参 ネンセイ 🌹 主に菅田将暉 雑食癖あり 卍 ✄✄ ( 高橋一生 + 成田凌 + 吉沢亮 +伊藤健太郎 + ムロツヨシ + 中村倫也 etc.. ) ✐妄想話 ✐リクエストされた話 #優良の妄想パラダイス #妄想話 🗣 応援してくれているみなさん、いつも有難うございます💐 ─────────────────────yr─ 【プリ画像も同じ名前でやってます«٩(*´꒳`*)۶» もしよろしければフォローしてあげてください !!】