無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

主人公side②
2学期に入っても、イジメが終わることはなかった。

それでも、学校に通いつづけた。

ただうつむいて教室のすみで座っていた。


ある日、両親にイジメのことを初めて打ち明けた。

血の繋がりがない両親は困った顔をしていた。
母親
まったく馬鹿みたいね。イジメっていうのはね、自分の弱さに打ち勝たないとだめよ

教師と同じことを永遠と述べたあと、私を置いて食事に行った。

死のう、と思った。

家の近所にある廃墟同然のビルから飛び降りた。

それが、数刻前の話。


死んだ……ーーはずだった。




うっすらとまぶたを持ちあげた。

空。

雲。

……鳥?

あなた

ーーん、ここは……



気づいたら外で寝ていた。

あたりを見渡すも見たことのない景色。

遠くに古そうな木造の家が目に入った。

上半身を起こして、自分の身体を眺める。

5階から飛び降りたにも関わらず無傷だった。
あなた

……なんで



あまりに非現実的で頭のなかがカラッポになった。

そのせいで妙に落ちついてしまった。

どうしてこんなところに寝ていたのか記憶を辿ったけどわからない。

もしかしたら、自殺したのは夢で、寝ぼけてここへきてしまったのかもしれない。

すこし無理があるけど、それならありえる。

小さくうなずくと顔をあげた。

すると、遠くから数人の「時代劇の衣装を着た男のひとたち」が走ってくるのが見えた。

やっぱりへんだ、と思った。

近所に時代劇の撮影スポットなんてない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

無自由
入賞者バッジ
無自由
初めまして。普段は魔法のアイランド様のサイトにて、無自由という名で活動しております。ほぼ18歳推奨の作品ばかりです。 https://s.maho.jp/book/14aab6h33f8c13da/ 福岡県北九州市在住。♀。33歳になっていた。病院勤め一年で退職。その後、スターバックスでフルパートとしてハッピーライフ。一年後貯金がなくなり慌てる。再び看護師へ。25歳で結婚。子ども息子が2人。現在仕事正社員として継続。眠い。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る