無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

みさきside❶

ーーーーみさきside❶ーーーー



|
|
:
:



稽古場の隣にある会議部屋にて。

蝋燭の鈍い灯りの中、3つの影が浮かび上がる。

ひとつは僕、のこり2つは正道兄さんと弟の蘭丸。



張り詰めた空気を散らすように僕は口を開いた。
みさき
みさき
やっぱりさ、殺したほうがいいんじゃない?
そう言うと、隣にいた蘭丸が身を乗り出した。
蘭丸
みさき兄は情ってもんがねぇのか?
……なにさ、牢屋にいるときは見にも行ってないくせに。

女だとわかった途端これだ。
みさき
みさき
だって、邪魔だよ。蘭丸は女だからって甘い
蘭丸
そういうつもりじゃ
正道
ふたりとも静かにしろ
と制したのは、正道兄さん。

彼はつづけた。
正道
そもそもみさきはなぜ、捕虜を助けたんだ? 敵かもしれねぇだろ。あのまま死ぬの待つほうがよかったじゃねぇか。わざわざ助けたあと、殺す意味がわからねぇ
あー、はいはい。

正道兄さんの言うことは正しいですよ。

けれど、そんなの僕にもわからないんだよ。

助けたのにすぐ殺したほうがいいなんて、自分でもよくわからない。

でも……そんなこと言うわけにはいかない。
みさき
みさき
捕虜を助けたわけじゃないですよ。ただ、あんなとこで死なせても本家の品格が疑われそうで。ちゃんと刀で斬り殺してあげようかな、と。まぁ、剣士としてのケジメみたいなものです

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

無自由
入賞者バッジ
無自由
初めまして。普段は魔法のアイランド様のサイトにて、無自由という名で活動しております。ほぼ18歳推奨の作品ばかりです。 https://s.maho.jp/book/14aab6h33f8c13da/ 福岡県北九州市在住。♀。33歳になっていた。病院勤め一年で退職。その後、スターバックスでフルパートとしてハッピーライフ。一年後貯金がなくなり慌てる。再び看護師へ。25歳で結婚。子ども息子が2人。現在仕事正社員として継続。眠い。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る