無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

みさきside❹

僕たちは敵対している分家から身を守らねばならない。

血の繋がりがあるにも関わらず、本家を憎み潰そうと事あるごとに刺客を送り込んでくる。

先月だって、護衛のひとりが殺された。

許せない行為だ。

この女だって、何を考えているかわからない。

刺客じゃないとしても、面倒な存在は消したほうがいい。



今だって、腰にさしてあるこの刀を振りかざせばいいのだ。……なのに、君は無垢な顔で僕を。


無性に腹がたった。チラリと見やる。彼女の少し困った視線とぶつかった。
みさき
みさき
……なにか言いたげだね
あなた

え、ぁ……いえ

みさき
みさき
はっきり言ったらどうなの?
そう言うと、少女はしばらくなにか考えていたようで黙った。

そして、ゆっくりと口を開いた。
あなた

えぇっと……なんで、助けてくれたのかなと思いまして

みさき
みさき
はぁ、そんなのこっちが聞きたいよ
あなた

え……?

みさき
みさき
なに?
あなた

ぃ、いいえ

思いきり睨むと彼女はうつむいた。
みさき
みさき
もういいよ。じゃ
乱暴に障子を引くと、廊下へ出た。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

無自由
入賞者バッジ
無自由
初めまして。普段は魔法のアイランド様のサイトにて、無自由という名で活動しております。ほぼ18歳推奨の作品ばかりです。 https://s.maho.jp/book/14aab6h33f8c13da/ 福岡県北九州市在住。♀。33歳になっていた。病院勤め一年で退職。その後、スターバックスでフルパートとしてハッピーライフ。一年後貯金がなくなり慌てる。再び看護師へ。25歳で結婚。子ども息子が2人。現在仕事正社員として継続。眠い。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る