無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

みさきside❺


2週間眠っていたせいで、出なくなっていた彼女の声も少しずつ戻ってきた。

彼女は、物静かで……無表情だ。

どこから来たのかも、なぜ屯所のそばに座っていたのかもわからない。

ただ、あのとき見た。


僕に斬られようとしているとき、彼女は笑っていた。

それにまったく震えていなかった。


死ぬことがこわくないのだろうか?


ーーまったく、目が覚めて痛みで泣き叫ぼうものなら、斬ってしまおうと思ってたのになぁ。あんがい強いじゃない。


僕も僕だ。


どうして僕は頻繁にこの部屋に来ているのだろう。用事なんてないのに……。


自分がなにをしたいのかわからない。


けれど、なんでこんなに気になるのだろう?



と、遠くから蘭丸が走ってきた。
蘭丸
なぁなぁみさきー
みさき
みさき
蘭丸か、なに?
蘭丸
みさき兄が連れてきた捕虜ってやつだけどさ
みさき
みさき
それがなにさ?
蘭丸
夕方にさ部屋を覗いたんだ。ちょうど寝てたんだけどさ。かわいいよなっ
みさき
みさき
なに言ってるの? 捕虜だよ?
蘭丸
そ、それでも、ドキッとしちゃったんだよ! なまえ教えてくれよー
みさき
みさき
は?
蘭丸
な、ま、え

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

無自由
入賞者バッジ
無自由
初めまして。普段は魔法のアイランド様のサイトにて、無自由という名で活動しております。ほぼ18歳推奨の作品ばかりです。 https://s.maho.jp/book/14aab6h33f8c13da/ 福岡県北九州市在住。♀。33歳になっていた。病院勤め一年で退職。その後、スターバックスでフルパートとしてハッピーライフ。一年後貯金がなくなり慌てる。再び看護師へ。25歳で結婚。子ども息子が2人。現在仕事正社員として継続。眠い。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る