無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#7 雄也くんの彼女
私たちが付き合ってることはすぐに学校中に広まった。
芽衣
姫星ちゃん!雄也くんと付き合ってるんだってね!聞いたよ!良かったね!羨ましいな~
ねえねえ、あたしたち、仲良くならない?あたしも絵を書くこと好きなんだ~!
あなた

そうなの!いいよ!私も芽衣ちゃんと仲良くなりない!よろしくね!

芽衣
も~!笑
芽衣でいいよ!だからあたしも姫星って呼ぶね!
あなた

うん!

雄也
姫星!
おはよ!
あなた

雄也くん!
おはよ!

井上海人
お二人さん。朝からお熱いですね~
姫星&雄也
いいじゃん!
クラスのみんな
笑笑笑笑笑
私が周りを見たら大貴くんがこっちを見ていた。私と目が合ったらすぐにどっか言っちゃったんだけど、大丈夫かな…?