無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

#8 大貴くん
ある日の放課後、私は大貴くんに呼び出された。
大貴
ごめんね!待った?
あなた

ううん!大丈夫だよ!
で、どうしたの?

大貴
姫星ってさ、雄也と付き合ってんじゃん?
あなた

うん

大貴
俺じゃ、だめなの?
雄也のことが好きなのは分かってる。でも俺も姫星のこと好きなんだ…だから…
あなた

大貴くん…

その日は、返事はまた今度返すと言い、大貴くんと別れた。明日から大丈夫かな…?