無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

#9 姫星をかけて
次の日…
大貴
おはよう
あなた

おはよう…

雄也
ん?お前らなんかあった?
あなた

う、ううん。大丈夫

大貴
お、おう
今日の部活大丈夫かな…?
何も起きませんように…









放課後
あなた

部活だ!一回全部忘れて部活に集中しなきゃ!

雄也
姫星ー?
一緒に部活行こー?
あなた

うん!

井上海人
えー
雄也だけずるーい
姫星ちゃん!俺と行こーよー
あなた

じゃあみんなで行こ!

大貴
姫星…
ちょっといいか
あなた

う、うん

あなた

ごめん!みんな先行っててくれる?明日一緒に行こう!

サッカー部のみんな
おっけー!
あなた

大貴くん…どうしたの?

大貴
俺やっぱり姫星のこと好き…
でさ、俺が姫星に告ったこと雄也に言った。そしたら雄也、ぜってぇ渡さねぇって言ってたけど俺はあきらめない。だから俺と雄也、お前をかけて対決してる。姫星は雄也の彼女だから雄也を選ぶと思うけどそれでも俺、あきらめないから
あなた

う、うん

やっぱり大貴くん、私のことあきらめないんだ…。すごいな。
でも、私をかけて対決するって言ってたけど何するんだろう?大丈夫かな…?明日、普通の生活ができますように。