プリ小説
一覧へ

第1話

ストーカー
私は今ストーカー被害にあっているんです。








最初は無言の電話が多くかかってくるだけだったので、ただのいたずら電話だと思っていました。






でも、最近ではマンションのポストに毎日のように








「あなたを見ています」「愛しています」「他の男といるのがゆるせない」「お前がアイツを選ぶならお前を殺す」
「お前が悪いんだ。アイツを選んだから……」








と、謎の手紙?を送り付けてくるんです。









警察にも相談しました。

でも、まともに取り扱ってくれないんです…








そしてついに今日私のマンションのポストに猫の頭が入っていたんです!!



もう一つ一枚の紙が入っていて、そこには







『今夜この猫と同じようにしてやる。後悔しても遅い。』








怖くて今日は家に引きこもって、鍵もかけて、誰か来ても出ないようにしようと思い、布団の中で震えていました。




END


次回 解説
この話知っている人多いと思います。ちょっと変えた部分もあります。ご了承ください。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

light
light
たぶんもう書かないと思います。 続きを楽しみにしてくださった方々には本当に申し訳ありませんでした。m(_ _)m
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る