プリ小説

第3話

jm
あなた

美味しかった😋

ありがとぉ💗

ちむ💗

jm
いいえ(..◜ᴗ◝..)
あなた

ちむ?あのさ、皆ちむのこと見てるよ?

jm
ごめんね、隠してて
あなた

ん?

jm
僕、防弾少年団って、アイドルしてるの
あなた

ごめん、知らなかった

jm
当然だよ、だって

日本で、活動してないもん
あなた

もしかして、韓国のやつだよね?

jm
うん
あなた

じゃあ、今、私といたらだめだよね?

jm
大丈夫、恋愛禁止とかないから
あなた

そうなんだ、じゃあ、私の方が年下なんだね

jm
何歳?
あなた

16だよ

jm
6歳差だね笑
あなた

いいじゃん、笑

jm
僕と付き合ってください
あなた

いいよ︎☺︎

jm
ありがとぉ💗
あなた

こんな私よろしくおねがいします🙇

〜 これで私たちは付き合い始めた 〜







〜 お正月2年目 〜
〜 1月31日、神社でカウントします 〜
あなた

お正月迎えて2回目だね

jm
そだね
あなた

人いっぱいだね

jm
逸れないように手つなご?
あなた

うん😊

(´。>ω)ω<`)ギュッ♡

周りの人
3、2、1、わー
jm
こっち向いて
あなた

ん?

jm
ちゅっ
jm
あけましておめでとう💗
あなた

///

あなた

おめでとう
今年もよろしくね?

jm
うん😊

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@ 박 。
@ 박 。
ジ ミ ン ぺ ん 。 💗 す ご い 非 リ ア な 人 で す 😝 気 軽 に コメン トとか し て く れ る と 嬉 し ゅ う ご ざ い ま す 😊 😊