第51話

“隠さないで”
538
2018/08/11 02:53
-優太side-






やっぱり俺になんか隠してるよね?
辛い時は隠さなくていいよって
いつも言ってるのに笑
優太
、、どうした?
俺はそう言ったけど
みなみ
な、なんでもないよ!
って。
いつになっても変わらないね。
人に迷惑かけたくないってとこ。
優太
ほんと?
みなみ
うん!ほんとほんと!
みなみ
氷ありがと!
あとは私やるから!
優太
え、あ、うん、、
なんでそんなに隠すんだよ。
人を頼ってもいいのに。
我慢しなくてもいいのに。










俺は前から「頑張る」
ってことが当たり前だと思ってた。
でもそれは

「自分のため」だけ。
でもみなみは、
みなみ
世界で活躍できるバレリーナになりたい
みなみ
人に喜んで欲しい。
私の踊りを見て、1人でも笑顔になってくれたら、私はそれでいいよ。
そう言っていた。
優太
俺の考えは違った、、
みなみ
違うことはないよ。
みなみ
私は優太の夢も素敵だと思うよ?
「プロで活躍したい」
それはスポーツをやってる人、仕事に就きたい人、みんなそうだと思う。
みなみ
でも、私的にはそれだけじゃ足りなくて笑
「どんなプロになりたい」って所まで考えて、それが達成出来たら、満足かなって。
みなみ
「プロになる」
その目標の上を行くものを作ったらいいんじゃないかな?って。
目標は高い方がいいかなってね!笑
優太
、、めっちゃいいじゃんそれ笑
優太
俺もプロ野球選手になって、
野球の楽しさが伝えられたらいいな!
みなみ
いいと思うよ!
2人で頑張ろっ!





そこから俺は変わった。
「野球の楽しさを伝えられるプロ野球選手」
それが俺の夢になった。






俺がこの時
すごく迷惑かけてたし、
何もしてあげられてなかった。
だから
「頼っていいよ」とか
「隠し事はしないで」とか
言っている余裕はなかった。
俺が一番頼ってた。
だから今度は逆だよ?
頼ってほしい。
俺になんでも話してほしい。







隠さないで




プリ小説オーディオドラマ