無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,458
2018/01/04

第5話

魔法使いその後(霖之助サイド)
あなたちゃんが休憩のため奥に行った。
森近霖之助
森近霖之助
彼女……か……魔理沙もおかしな事言うもんだな……
あなたちゃん………///
実を言うと、あなたちゃんにあってから、
彼女のことで頭がいっぱいなのだ。
これは……いわゆる恋ってやつ?
森近霖之助
森近霖之助
いやいや〜……流石にそんなことは無いでしょ〜
そんなこんな、1人でブツブツ言っていると、
八雲紫
八雲紫
何ひとりで言っているの?
隙間の中から、ひょっこりと紫が顔を出してきた。
森近霖之助
森近霖之助
あぁ……君か。
ちょっと考え事をね……
八雲紫
八雲紫
そう……まぁいいわ。
今日は、一つ連絡があってきたの。
そう言うと、彼女は隙間から出て僕の前に来た。
八雲紫
八雲紫
最近、この幻想郷に私が知らない方法で来た子が居るのよね
森近霖之助
森近霖之助
そんなこと、ほんとにあるのかい?
珍しいな……そんな事があったのか。
八雲紫
八雲紫
えぇ。悪魔の女の子って事は分かるのだけど……
一応見かけたら、捕まえて私を呼んでちょうだい。
森近霖之助
森近霖之助
あぁ。分かったよ。
俺がそう言うと、紫は隙間で消えた。
森近霖之助
森近霖之助
悪魔の女の子……か……
そんな事はないと思う。
だって彼女は、人間だ……と思う。
まぁ、あんなおどおどした子が悪魔なわけ無いよね。
とりあえず、様子を見よう……



……To be continued

今回もご閲覧ありがとうございます!!

近いうちに幻想郷の案内と行こうと思います!!

なので!!アンケートを取ります!!

どこに行って欲しいか!

コメント欄に書いて下さい!!

是非!お願い致します( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)