無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

ねぎ×チハ×じん R-18
2,292
2018/01/15 00:21
そう言ってじんたんはあなたの胸に手を入れた
あなた

ん…

じんたん
あれ、地味に乳首起ってんじゃんw
じんたんはあなたの胸を吸う
あなた

んひゃっ…だ、ダメですって…

村上チハヤ
下だってこんなに濡れてますけど…?
あなた

チっ、チハヤくんの変態ぃ…

ねぎりょー。
こっち向いて
あなた

んぇ…

ねぎりょー。はあなたに甘いキスをしてきた
あなた

んはっ…

ねぎりょー。
すごいエロくてめっちゃそそるわ…
あなた

(初キスねぎりょー。ーーー!)

正直それで頭がいっぱいだった。(ごめんなさい)


チハヤくんがあなたのあそこを舐める
あなた

やめっ、んんっ…

村上チハヤ
やべー、止まんないかもー。
ねぎりょー。
童貞卒業おめでとう。
村上チハヤ
うるさいねぎさん
あなた

え、ぁい、一個いいですか…

じんたん
…ん、何…?
あなた

私、その、あの…

村上チハヤ
早く言って
あなた

しょっ、処女なんですけど!?

じんたん
…え
ねぎ×チハ×じんたん
まじで言ってる〜!?
村上チハヤ
え、え、膜ないけど
ねぎりょー。
1人でヤってた感じ?
あなた

ち、違いますよ!
保育園の頃、友達の男の子とふざけあって触ったりしてて…もしかしたらその時なのかも知れません…
(わーーー!黒歴史ぃぃぃぃ)
(ちなみに作者の実話)

じんたん
…でもちゃんとした行為は今回が初めて…。
あなた

…はい…(ちゃんとしてるのか?)

ねぎりょー。
じゃあ尚更お清めしなきゃね…?
ねぎりょー。の意地悪な微笑みに不覚にもドキッとしてしまった
村上チハヤ
もちろんあなたが選びなよ。このまま俺たちに犯されるか、モヤモヤするまま何もされないか。
もちろん答えはひとつに決まっている
あなた

…このまま犯してください…。

じんたん
よく出来ました
そう言ってじんたんのあれが私の中に入ってくる。
あなた

あっ、やっ、らめっ…

ねぎりょー。
あなた、こっちもいい?
そう言ってねぎりょー。のあれを擦った
ねぎりょー。
んっ、あなた上手すぎ…!
村上チハヤ
じゃーお口に俺を入れよーねー
そう言ってチハヤくんのあれを口に咥えた
あなた

ん…

恥ずかしい音が部屋に響く。

しかもそれが憧れのオフィス。

憧れの人、憧れの場所、そこで

「初めて」をすることになるなんて…

ちょっと興奮してしまう。

私は変態なのかもしれない
村上チハヤ
あなた…!イクッ…!
ねぎりょー。
っ…!早漏かよっ…!
じんたん
んっ…あなたイクッ…!
あなた

んんっ〜///

みんなで逝った。
ねぎりょー。
ハア…。ってあなた、服が…。
あなた

あっ…。

ねぎりょー。
ごめんね!!!
じんたん
ごめんっ🙇🙇🙇
あなた

大丈夫ですよー、後で着替えるんで。

ねぎりょー。
チハヤもあやま…って寝てるしw
じんたん
初めてで疲れたんだねー。よしよし
じんたん
もう今日はVAZに泊まって行っちゃおっか。
ねぎりょー。
そうだね。チハヤも寝ちゃったし

何気に編集終わってないし
そう言ってみんなでVAZに泊まった。

(その後はご自分の回想でお願いします🙇💦)