無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,390
2018/03/23

第41話

あ、そう言えば、










さっきから濵ちゃんすごい見てくる、










すーごい見てくる、










あの二重になった時みたいな目で見てくる、










あ、










濵「!」











目、合ったな










雅「ん?誰か居るの?」










相「あ、いや!」










あー、










濵「あれっ!相葉くんとあなた!

偶然ですねこんな所で会うなんて!」










雅「この店知ってるんだ!」










濵「いや、お腹すいてたんでふらっと入ったんですよ!

いやー、ほんまに偶然ですねー!」










嘘つけっ










ジロっと濵ちゃんを睨むと










わざとらしく目をそらした










このやろうっ










濵「まぁ、ここは2人でね!

僕が邪魔したらあかんと思いますんで!

楽しんでください!」










雅「またね!」










濵「失礼します!」










濵ちゃんはそそくさと帰って行った










雅「いやー、偶然だねー」










相「ほ、ほんまですねー、

濵ちゃんがこんな嵐さんが来るような店に

ふらっと入ってくるなんて」










雅「そんな言っちゃ可哀想でしょw」