無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,483
2018/03/18

第39話

濵田side





神「な?な?俺の言うこと当たったやろ?

信じひんからやで!」










神ちゃんがあなたがウキウキしてんのは










先輩に会うからだ、










多分相葉くんに会うからだって言うから










7人で尾行ゴホンゴホン










7人で見守り隊を作って数十分、










まさかまさかの神ちゃんの予想的中やった










重「くぅ、俺の誘い断ったんは相葉くんに

会うためやったんか、」










小「しげと俺の誘いを断ってまでどこ行くんか

思うたら、相葉くんか、」










中「はぁ、俺のあなたが、」










藤「俺のやし」










濵「あなたは物ちゃうから!

俺のやけど」←










神「みんなして俺のあなた取り合うなや!」










小「みんな変なこと言うなや!

俺のあなたを取り合って」←










桐「あれ、あなたお店入ったで」










なんやて!?










重「ど、どうするん?入る?」










中「いやでも、見つかったら絶対怒られるよな、」










神「偶然店ん中で会ったって感じなら

怒られへんやろ!」










桐「うーん、せやな!

じゃあ濵ちゃん」










濵「うぇ?」










桐「行ってきて」










濵「えぇ!?」










なんで俺やねん!










濵「絶対演技やってバレるて、

俺やって怒られたくないもん、」










藤「濵ちゃん、

男見せんなら今やで」










えぇ、










んなら流星が行けばええのに、










濵「じゃあ、なんて言ったらええの?」










小「『楽しそうやなぁ!』的な?

もしくは『なんや!相葉くんとの

デートやったんか!』みたいな?

いや、デートって言われると俺らが嫌やから、

デートじゃない言い方で!」










濵「分かった」










はぁ緊張するわー、