無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,443
2018/03/11

第35話

濵「弟くんはまぁ可愛らしい

『はーまちゃっ♡』てこないだ呼んでくれて

キュンってしたもん」










相「私は呼んでくれへんよ

『ねーねっ♡』なんて

ねーね拗ねちゃうよー?

へそ曲げるぞこの野郎っw」










濵「なんやかんや弟くんは

あなたのこと大好きやけどねー」










相「そらそうやろーw

ひらがなかけるようになって一番最初に

私に手紙書いてくれたからね?」










濵「それは嬉しいな!

ちなみになんて?」










相「『ねーねえ

いつもありがとお

だいすき』

って」










濵「あぁ嬉しい」










相「濵ちゃんが言うなやw

しかも所々字が違うのがかわいい♡

頑張ったんやな〜って思う

貰って読んですぐ抱きしめた

まぁそしたら『苦しいねん!』

て言われましたけどね、(寂)」










濵「照れてるんやw

可愛ええな〜♡」










相「自慢の弟ですよ

2人で出かけると

親子に間違えられることありますけどね

私もそこまで来たかーって

最近老いを感じてる」










濵「あなたまだまだ若いで!」










相「いずれ私も淳太になるんですよ

(意味:三十路に殴り込むんですよ)」










濵「俺なんか次は30歳やからね」










相「濵ちゃんは体力あるっしょ?

アクロバットもできるやん

うちの中間さん出来ひんやん」










濵「せやなぁ」










相「でも私濵ちゃんのせいで

おとんにな?

『あなた、アクロバットやらんの?』

って言われましたよ

おとん声低いから『やらん』つったら

殴られるんちゃうかと」










濵「www

あなた前はやってたやん」










相「今も一応できるのよ

スタジオ借りて練習してるし」










濵「まぁ〜じで?

俺も今度一緒にやりたい」










相「あぁぜひぜひ

濵ちゃんにアドバイス貰いたい」










濵「アドバイスあげるっ♡」










相「おかんと弟がようDVD見るんやけどね

まぁ濵ちゃんがかっこいいと

あ、アクロバットの時ね」










濵「おー、嬉しいね!」