無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,450
2018/03/19

第40話

相多side






なんか、










すごい視線を感じるんですけど、、










まぁあの7人やと思うけどさ、










もー、貴重な時間を、










雅「どうかした?」










相「いや、あのー、

お、お腹空いたなーって思って!」










雅「じゃあご飯行こうか!

俺の行きつけの店行こ!」










相「雅にぃの行きつけのお店ですか!

楽しみです!」










色んなとこ連れてってもらってるんやけどね










新しいお店かな、










雅「ここだよ!」










相「わ、オシャレですねーやっぱり

嵐さんの行きつけは格が違う、」










雅「あはははw」










さすがにこの中は入って来おへんやろ、










って考えてたのに、










来たよ濵ちゃん、










相「全部美味しそ、」










雅「そんな食いしん坊だったっけ?w」










相「いや、なんか最近食べちゃうんですよねー、

怠けた体になって来てるんですよw」










雅「まぁあなた少しぷにぷにでもいいと思うよ?

俺はそれでも可愛いと思うしね」










相「いやーやめてくださいw

雅にぃの言葉は信じてまうからほんまにやばいです

ぷよぷよになったらダンスとか踊れなくなりますw」










まぁうちにぷよぷよな人おるけどねw









桐「へっくしゃい!!

んん?誰か噂してるんかな?

あなたかな?あなたやったらええなぁ、」