無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,518
2018/03/15

第37話

相多×相葉
神山side





相「ふんふーん♪」










重「あなたどしたん?

ずいぶんご機嫌やなぁ

俺との妄想でもしてたん?」←










相「なわけないやろ

しげとの妄想なんかしません」










重「Σ>─(´・ω・`)→」










神「じゃあなんかあるん?」










相「内緒っ」










可愛いなぁ!










『内緒っ』やて!










でも、あれは絶対俺ら(メンバー)以外の










男と遊びに行く顔やな










しかもあんなテンション上がっとるから、










多分先輩やな、










多分、、










相葉くんと遊びに行くんやろうな、










くそぅ、俺も今日誘おうとしたのに、










重「あ、あなた

雑誌の撮影終わったら暇?」










相「忙しい」











重「、、、その用事終わったら暇?」











相「そんなすぐ終わんない」











重「はい、」











藤「あなた、しげ、神ちゃん次やて」











相「はいよ」











重「ん、」











神「おん」











藤「しげなんでへこんでるん?」











相「さぁ?

ずっとへこんでたら置いてくからええよ」










重「行くわ!」