無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

お父さん
あの時マサイが助けてくれなかったら

私は…
ダーさん
ダーさん
おかえりなさいませ。お嬢様
あなた

…ただいま

ダーさん
ダーさん
どうかなさいましたか?
あなた

実は…

あなたは、ダーさんに学校であった事を話した
ダーさん
ダーさん
そんなことが!?
あなた

うん

あなた

いつも、「お金の力でしょ」とか「お金で何かしてる」って疑われて…

ダーさん
ダーさん
あなた

お金なんて使っても無いのに…信じてもらえない

ダーさん
ダーさん
あなたお嬢様…
あの方は?あの方は助けてくださらないんですか?
あなた

あの方?

ダーさん
ダーさん
いえ、なんでもございません
あなた

ダーさん、この間からなんか変だよ?

ダーさん
ダーさん
そんなことありませんよ。
あなた

ずっと一緒にいるんだから
そんぐらい分かる!!

ダーさん
ダーさん
…、
あなた

どうしたの?ちゃんといって!

ダーさん
ダーさん
今日お父様がお帰りになります
その時に全てお話します
その夜
お父さん
お父さん
ただいまー!w
あなた

おかえりー

ダーさん
ダーさん
おかえりなさいませ!w
お父さん
お父さん
元気にしてたかー?
あなた

うん!w

お父さん
お父さん
話はダーさんから聞いてるよ
書斎で話そっかw
あなた

わかった!w

書斎で話されたこと、
それは私があの学校にはいらされた理由だった