プリ小説

第9話

シルクの好きな人
どーしよ…
気になる人は、あなたですって?
言えるわけない!


あぁぁぁ、
シルク
シルク
おーい、どーしたの?
あなた

い、いや何でもw

あなた

ってか気になる人とかいないよ?w

よし、うまくごまかせた?
シルク
シルク
そーなんだ…w
ん?なんか寂しそう?
もしかしてシルクは私のことが…
いや、そんなわけないかw

ってかシルクは好きな人いるのかな?

思い切って聞いてみよう…
あなた

シルクは好きな人いるの?

シルク
シルク
まあなw
あなた

ど、どんな人?

好きな人いるんだ…w

ん?なんか胸が苦しい…
シルク
シルク
かわいくて、おもしろい人w
かわいくておもしろい…

私の頭に浮かんできたのは…






ロイちゃん…??
あなた

も、もしかして、

シルク
シルク
ん?
あなた

その好きな人ってロイちゃん?

シルク
シルク
あ、うん
よく分かったねw
やっぱり…


ロイちゃん…か、

かわいくて頭良くて性格よくて
おもしろくて、運動できて
シルクたちと幼なじみで…


私が勝てるところひとつもない…




シルクが好きになって当然の様な
完璧な子なのに…


私ロイちゃんと友達なのに…

なのに…


なんでこんなに恨めしい気持ちが
わいてくるの?


ロイちゃんがいなければ…

そんなこと思ったらいけないのは分かってる
けど…
悔しさで胸がいっぱいになった…
あなた

ごめん…今日はもう帰るね…

シルク
シルク
えっ?なんでだよ、
あなた

ごめん…

涙がこぼれてきそうで
私はシルクの家を飛び出した
シルク
シルク
なんだよ、あいつ
ロイ
ロイ
ただいまー!
あれ?あなたちゃんは??
シルク
シルク
なんか知らねえけど帰った…
マサイ
マサイ
は??なんで??
シルク
シルク
わかんない…
ロイ
ロイ
シルクなにかしたんでしょー?w
シルク
シルク
してねえよ、なにも…
マサイ
マサイ
あっこれあなたのじゃね?
あなたのハンカチが落ちていた
シルク
シルク
ほんとだ、明日これ返しながら
理由聞くよ、
ロイ
ロイ
おぅ、がんばれ!w

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

僕ちゃん✨
僕ちゃん✨
おもしろいのかけないw 暇つぶし程度にどうぞ!w ↓下のヤツよんでくれたら👱 BLに目覚めた✨ みんなの小説おもしろすぎる…👧 Fischer's☞うおたみ~⤴︎ (マサイIS No.I) とりまYouTuber好き💕 現実逃避した我 ここにありww