プリ小説

第10話

緊急事態
お手伝いさん
お手伝いさん
お嬢様!お嬢様!
朝ですよ!起きてください
あなた

んー…学校行きたくない…

お手伝いさん
お手伝いさん
ダメですよ!お嬢様!
さぁ起きて起きて!!
あなた

はいはい…

ベッドから起きる
あなた

はあ…

お手伝いさん
お手伝いさん
朝からため息はダメですよ?
さぁご飯たべてたべて!
あなた

はいはい…

ご飯を食べ終わる
あなた

ごちそうさま

お手伝いさん
お手伝いさん
ではいってらっしゃいませ!
あなた

うん…

家を出る
あなた

はぁ…

学校に行きたくない…
シルクはロイちゃんの事が好きだったなんて…
やっぱり私じゃ無理だよね…w
シルクと釣り合わないもんね…w


涙が、出て来そう…

どうかシルクが休みであるように…

学校についた
あなた

はぁついちゃった…

シルク
シルク
あなた!おはよー
ん?この声は…


顔を向けられない…
涙がでそうで…
あなた

おはよ…

うつむきながら言った
シルク
シルク
なんか元気なくね?
あなた

元気あるよ

シルク
シルク
そうか?
なんで俺のほう見ないの?
あなた

シルク
シルク
そっか…
シルクが走ってどっかにいく
あなた

あっ

シルクがいっちゃった…
怒らせちゃったかな…

あぁー、どーしよう…
教室に入りたくないな…
シルクがいるかも…

あいこ
あいこ
ドアの前で立ってなにがしたいの?
はやく入れば?
あなた

あっごめんなさい

教室にはいる
シルクはいない
あなた

よかった

あいこ
あいこ
なにがよかったの?
黒板見てから言ったら?
あなた

黒板?

言われたとおり黒板を見ると
でっかい文字で


『あなたはシルクの事が好き
また金の力でどうにかしているのか?』

と書いてあり、その下には


シルクと私が喋っている場面や
昨日のシルクの家にはいる所の写真が
貼ってある
あなた

な、なにこれ…

1年C組のみんな
1年C組のみんな
うわっ!また金の力かよ…
最低だな…
みんなが私の悪口いってる…
あなた

ち、違うよ!
お金なんて使ってない!!

あいこ
あいこ
じゃあなんであんたが
シルクの近くにいるの?
あなた

なんで…って言われても

あいこ
あいこ
説明出来ないんじゃん
やっぱりお金の力なんだ!
あなた

ち、違う…
お金使ってない…

あいこ
あいこ
みんなこの子の事信じられる~?
1年C組のみんな
1年C組のみんな
信じられるわけねぇじゃんw
あなた

そんな…

どうしたらいいの…?
お金なんて使ってないのに…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

僕ちゃん✨
僕ちゃん✨
おもしろいのかけないw 暇つぶし程度にどうぞ!w ↓下のヤツよんでくれたら👱 BLに目覚めた✨ みんなの小説おもしろすぎる…👧 Fischer's☞うおたみ~⤴︎ (マサイIS No.I) とりまYouTuber好き💕 現実逃避した我 ここにありww