プリ小説

第15話

いいなずけの相手
お父さん
お父さん
あなたをあの学校に入らせた理由はね…
あなたといいなずけを仲良くさせるためだったんだ…
あなた

いいなずけ…?!

お父さん
お父さん
うん、相手はパパの親友の子供で…
その親友と約束しちゃって…
あなた

その…いいなずけって人はその事知ってるの?

お父さん
お父さん
知ってるはずだよ?
あなた

そっか…
だからダーさん入学式の日、変だったんだ…w

ダーさん
ダーさん
申し訳ありません。
仲良く慣れたのか気になりまして…
お父さん
お父さん
あっその子の名前はね、
あなた

うん

パパが言った名前は…





『マサイ』だった

あなた

マサイがいいなずけ…

お父さん
お父さん
もう仲良くなった?
あなた

だから今日助けてくれたんだね

お父さん
お父さん
助けてくれたんだ!
いい子だなぁ…w
今日マサイが助けてくれたのは
私を心配してなんかじゃない…

優しさなんかじゃない…


「いいなずけ」という繋がりがあったからだったんだ…

お父さん
お父さん
あなた?
あなた

ごめん、部屋戻るね

そう言って自分の部屋に駆け込んだ
あなた

もうバカみたい…w

あなた

私なんかを心配するわけないのにね…w

マサイとは『いいなずけ』っていうだけの繋がり

ロイちゃんとは友達を辞められた

あと…シルクには…
あなた

勝手に喜んで舞い上がって反抗して
落ち込んで…バカみたいw

なんだかバカらしくなってきて…
それでも涙がでてきて…


私って必要とされてないって実感して…

もう自分が嫌いになった
あなた

なんでこんな家に生まれてきたんだろう…

普通が良かった…

普通の高校生活が送りたかった

お金なんて無くても友達との絆の方が欲しい…
あなた

あっ

その時1つの考えが浮かび上がった
あなた

家出しちゃおっかな…

そうと決めてやらなかったことはいままで無かった私だから

すぐに準備を始めた

生活雑貨をある程度カバンにつめて

ベランダから外にでた
あなた

さようなら

そう言って歩きはじめた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

僕ちゃん✨
僕ちゃん✨
おもしろいのかけないw 暇つぶし程度にどうぞ!w ↓下のヤツよんでくれたら👱 BLに目覚めた✨ みんなの小説おもしろすぎる…👧 Fischer's☞うおたみ~⤴︎ (マサイIS No.I) とりまYouTuber好き💕 現実逃避した我 ここにありww