無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

ド緊張!初対面。
ジャニー喜多川
やあ、Youがあなたか。
どうぞ座って。
いよいよお店に着いたんですけど…
なんかVIPルーム的な?すごいところに来ています。
そしてジャニーさんが座ってます。

…なんて冷静に語ってられません!!!
もう緊張しすぎてよく分からない!!!
あなた

あ、あの、堀内あなたです!
よろしくお願いします!

って一応自己紹介して席に座ったけど…
少しの間沈黙があって気まずい…
ジャニー喜多川
You…一曲なんか歌える?
あなた

え?あ、歌ですか???

ジャニー喜多川
一応一回は聞いといた方が良いと思うんだ。
多分…これは最終選考みたいな感じなんだと思う。
とはいってもジャニーさんに聞かれるのは緊張する!!!
とりあえず、Hey!Say!JUMPのAinoarikaを歌うことにした。
あなた

言葉だけじゃ伝わんない~
思いだけじゃ届かない~
けど僕ら 不思議だね 愛の在処を知ってる・・・・・・・・・・・・・・♪

一番だけ歌ったところで、ジャニーさんが「もういいよ」と声を出した。
歌っている時、ジャニーさんはすごい真面目な顔をしてた。
ジャニー喜多川
んー…この声ならあそこか?いや、でも…
ってすこしぼそぼそつぶやいた後、
ジャニー喜多川
いやぁ…Youの歌声は本当に素晴らしい!
思わず鳥肌が立ったよ!
あなた

あ、ありがとうございます…!

ジャニー喜多川
じゃあここからはゆっくり食事を取りながら他愛もない話でもするか。
早瀬
あ、社長、一応あまり帰りが遅くならないようにお願いしますね。
ジャニー喜多川
分かっているよ、まだあなたも中学生だからね…

あ、そういえば、まだ言ってなかったけど、
僕の事は社長とか、ジャニーさんとかよんでよ!
あまり堅苦しいのは嫌だから…あと、敬語は使わないでくれ。
あなた

あ、分かり…分かった!

ジャニー喜多川
よし、良いぞ!
ところで最近…
と、結局3時間くらいずっと喋ってた笑
思っていたよりジャニーさんは優しい方だった!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

JUMP愛ing☆みい
JUMP愛ing☆みい
小説を書くのは苦手なので頑張ります! コメントとかを頂けたら頑張れるのでクレームみたいなのでも良いのでぜひ書いてください!笑 おそらく名前からも予想できると思いますが、とびっこです笑 神担…大ちゃん、担…ゆーや、副担…けーとで、この下は人によって不愉快に感じるかもしれないので書かないです 全て言うと、(私の中の順位?)とびっこで、セクガルで、ジャス民で、アラシックで、エイターで、若干パーナとハイフンとか混ざってます笑 Sexy Zoneは風磨、ジャニーズWESTは照史、嵐はニノ、関ジャニ∞は丸が好きです! Jr.は最近ハマってきました!You Tube見ないと!ていいながら見れてません笑 小説は主にJUMPについて書きますが、出してほしいグループ・人がいれば書いていただけたら、なるべく書きます。なるべくですよ!笑
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る