プリ小説

第16話

ホテル…
ピンポーン


早瀬さんがきたのは佳奈との電話を切ってから大体3分後くらい。
私はかばんとか、何回も必要な物を忘れていないか確認した。
大切な話があるかもしれないからメモ帳も持っていく。
もう…緊張が…心臓がはちきれそう笑
お母さんは「ジャニーさんだから急にすごい事言い出すかもね笑」なんて言いながらいつも通り。

とりあえず、早瀬さんのところへ。
あなた

早瀬さん!おはようございます!

早瀬
おお、おはよう。
朝から元気いっぱいだね笑
あなた

もう…緊張しすぎておかしくなってるのかもしれません…

早瀬
大丈夫、ジャニーさんは誰にでも優しいから笑
ただ、急に話が分からなくなるかもね…
あなた

どういう事ですか?

早瀬
いやぁ、ジャニーさんはね、熱くなると英語とか中国語とか話し始める事があるからね…笑
あなた

あ、そうですか…

早瀬
お、もう着いた。
そんな早瀬さんの声を聞いて窓の外を見ると…


すっごい高いホテルが…
何これ、こんなのみたこと無いんだけど…さすがジャニーさん笑
驚いて声が出ない。
早瀬
そんなに驚かないで。多分こういうところ来るのこれからたくさんあるだろうから笑
あなた

そうですね…

と言ったもののやっぱり緊張する笑
とりあえず車を降りて、早瀬さんについて行く。
ついて行くと、なんか…高級感あふれるレストランに。
そのまま、私たちは個室へと入っていった。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
作者 みい
短くてすいません!なんか少し話が最初の予定と違う感じもしますが…
お気に入りも50人超えていて、本当に驚きました笑
こんなつまらない作品に❤やお気に入りを押して頂いて、本当にうれしいです!
ぜひこれからも暇つぶし程度にお読みください!
あと、文句とか、本人そんな性格じゃない!とか、そんなのあったら教えてください!
あと、方言とかエセになると思いますがお許しください

以上みいでした!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

JUMP愛ing☆みい
JUMP愛ing☆みい
小説を書くのは苦手なので頑張ります! コメントとかを頂けたら頑張れるのでクレームみたいなのでも良いのでぜひ書いてください!笑 おそらく名前からも予想できると思いますが、とびっこです笑 神担…大ちゃん、担…ゆーや、副担…けーとで、この下は人によって不愉快に感じるかもしれないので書かないです 全て言うと、(私の中の順位?)とびっこで、セクガルで、ジャス民で、アラシックで、エイターで、若干パーナとハイフンとか混ざってます笑 Sexy Zoneは風磨、ジャニーズWESTは照史、嵐はニノ、関ジャニ∞は丸が好きです! Jr.は最近ハマってきました!You Tube見ないと!ていいながら見れてません笑 小説は主にJUMPについて書きますが、出してほしいグループ・人がいれば書いていただけたら、なるべく書きます。なるべくですよ!笑