プリ小説
一覧へ

第8話

柚羽が怒った
先生
はい、みなさんおはようございまーす
おはよーございまーす!
先生
今日は、本入部です!入部の用紙を配るので入る部活と名前を書いて部活に行ってください!
はーい
先生
じゃあ、HR終わりにします
柚羽
柚羽
あなた~!どーする?やっぱり吹部だよね
あなた

もちろんだよ~!先輩方優しそうだし!

あなた

きららちゃんはどうするの?

きらら
えー?きららぁ?どうしよっかなあー、でもぉ、やっぱぁー、チア部にしようかなあー
あなた

えー、なんで?

きらら
だってぇ、正直きららには合わないっていうかぁ?チア部のほうがきららにあってる気がしてー♥
柚羽
柚羽
勝手にすれば??
あなた

ちょっと、柚羽!

きらら
そうだよねぇ、かわいいきららにはチア部みたいなキラキラ系の部活の方があってるからそうしよぉっと、ま、あなた達は文化部があってると思うけどぉ、あはは笑笑
柚羽
柚羽
あっそう
あなた

ゆずは!

きらら
ふんっっ
柚羽
柚羽
なにほんとあのこ?( ˘・з・)
あなた

まあまあ、怒らないで!

柚羽
柚羽
ぶりっ子だし!あなたの方が可愛いから!
あなた

それはないよ!柚羽の方が可愛いから!ほんとに!

柚羽
柚羽
なにいってるの!?ないない。
それより、あんな子が入ってこなくてよかった(`‐ω‐´)
放課後一緒に行こうね
あなた

うんっ!もう授業始まるからあとでね!

柚羽
柚羽
はーい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

こ と は
こ と は
よろしくお願いします