無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

思い出した
そらるside
目が覚めたら、天井が真っ白で、ここが何処だかわからなかった。
っ...頭が痛い
あぁ、思い出した。
俺はそらまふうらさかでゲームをしていたときに倒れたんだ。
生理の事、まふまふにバレたかな?
絶対嫌われただろうな。
そんな事を考えていたら、病室にまふまふが入ってきた。