無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

迷惑掛けたくない。
そらるside

ま「そらるさん!、そらるさん!」

そ「んっ?まふまふ?」

ま「はい!まふまふです!それより、今10時ですよ?僕達との待ち合わせ忘れてましたか?」

そ「えっ?」

ビックリして時計を見ると、10時30分だった。

そ「ゴメン、今準備するからリビングで待ってて。」

わかりました。って言ってまふまふは、寝室から出ていった。

言わなかったけど、今、腰、お腹、頭がすごく痛い。
でも、まふまふやみんなに迷惑かけたくないから急いで準備をした。

そ「さ、ゲームしよう」

俺が来てから、みんなとゲームをした。