無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

痛い。辛い。
そらるside
痛い。辛い。
頭、お腹、腰が痛い。
薬も切らしている。

ま「そらるさん大丈夫ですか?何か顔色悪いですよ?」

そ「そう?大丈夫だよ。」

嘘をついた。
本当は、頭がガンガンする。
痛い。

そ「俺、トイレ行ってくる。」

そう言って俺はトイレに向かった。
あ、ヤバイ
倒れそう。
頭がくらくらする。
ガタンッ
あぁ、俺、倒れたんだ。

ま「そらるさん!大丈夫ですか!そらるさん!」

あぁ、まふまふ達の声が聞こえる。
俺は、まふまふ達の声が聞こえる中、意識を手放した。