無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

頼って
そらるside

ま「あ、そらるさん、おはようございます。大丈夫ですか?」

そ「あぁまふまふか、大丈夫だよ。心配かけてごめんな。」

そう言うとまふまふは険しい表情になって言った。

ま「何で黙ってたんですか?僕が離れると思ったんですか?」

そ「っ...ごめん、まふまふが離れて行っちゃうかもって.....」

いつの間にか俺の目から涙が溢れていた。

ま「そんなことで離れませんよ。それより、黙っていた方がショックでした。
  もう少し頼って欲しいです。」

あぁ、自分が頼らなすぎて、まふまふに心配をかけた。

そ「ごめん....」

ま「分かってくれたらいいんですよ。愛していますそらるさん」

そう言ってまふまふは俺に深い深いキスをした。 
 

                                   END