プリ小説

第16話

一歩遅かった…
あなた

私は…………………………

幼馴染のグクか、1週間お試し中のテヒョン先輩か……
あなた

どっちも選びたくないかな……

お兄ちゃん
は………………?
あなた

グクといれば楽しい思いばっかしたけど虎先輩は人に元気を与えて2人で嬉しさとか楽しさを作る人。

2人ともいい人なんだ……
私には勿体無いし、もう吹っ切れた……

グクはグクから別れを告げた。
虎先輩はまだ1週間お試し中。
あなた

別れ告げてくれたグクにも悪いよ……

お兄ちゃん
そっか………それでいーの?
あなた

本当はグクと付き合いたいけどね……
今でもグクが大好きだよ……?でもね、グクから別れを告げたの……しょうがないよ…

お兄ちゃん
俺は虎とか言う奴と付き合ったらいーと思うんだけど?
あなた

なんで?

お兄ちゃん
お前が落ち込んでる時に励ましてくれたのは?
あなた

テヒョン先輩……

お兄ちゃん
じゃ、お前の事を1番思ってくれてるのは?
あなた

テヒョン先……輩……?

お兄ちゃん
今、お前の頭にいるのは?
あなた

テヒョン先輩………

お兄ちゃん
今、お前の頭の中にいるのはテヒョンとかいう奴だろ?じゃあこれから幸せにしてくれんじゃねーの?
あなた

そう……なのかな……?

お兄ちゃん
あとはお前次第な……
あなた

お兄ちゃん……ありがとっ……

お兄ちゃん
ん、まぁ恋愛なんて簡単には上手くいかねーよ。
お兄ちゃんはそう吐き捨てて部屋を出ていった








グク目線
今日、交流会があった後からずっとあいつを見てない気がする。



あ、またあいつの事考えてる………



俺は変な勘違いをしてて別れを告げた。



……………………………………………




今でもあなたが好きだ………








主人公目線
あなた

もしもし、こんな時間にごめんね……

テヒョン先輩
んーん、どした?
あなた

〇〇公園に来れるかな……?

テヒョン先輩
今?
あなた

うん。

テヒョン先輩
いーよ、行くわ
しっかり、思い伝えるから………………







……………………………………………………
グク
あなた、幸せになってね……………












next、?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

靏
書いてる人女だと思うじゃん、それが男なんだな。