プリ小説

第8話

病院
なんだかんだあって、全員ついてきちゃったんだけどどうしようか。
あなた

んで、なんで、みんなついてきたの?

お兄ちゃん
呼ばれたから
グク
付き添い
テヒョン先輩
心配だから
ジミン先輩
ノリで
あなた

はぁ……まぁいっか……

ジミン先輩
ヌナ!!ため息!!幸せ逃げるよ!!
テヒョン先輩
ヌナぁぁ!?
グク
ヌナ呼び!?
お兄ちゃん
お前らそうゆう関係だったのか…
あなた

もうダメだ…この人達といたら、もたないわ…

気づけば、お兄ちゃんの背中で寝ていた。
グク
あーあ、あなた寝ちゃった。
テヒョン先輩
寝顔かわいっ
ジミン先輩
ほっぺぷにぷにしたい
お兄ちゃん
んで、なんで寝てんだ
グク
きっと疲れちゃったんですよ
テヒョン先輩
カナって奴は…
ジミン先輩
酷いですね
お兄ちゃん
ジミンだっけ?君
ジミン先輩
あ、はい!!
お兄ちゃん
高1だよね?俺らといる時は敬語じゃなくていいから!!
グク
そうそう
テヒョン先輩
まぁ確かにそうだな
私が寝てる時にそんな話をしてるのかとか、思いながら寝た振りをした。
お兄ちゃん
こいつ起きてるだろ
グク
寝てるよ?
テヒョン先輩
本当に寝てるのか試してみる?
ジミン先輩
どーやって?
テヒョン先輩
んーどうしたら起きる?
お兄ちゃん
こちょこちょしたら?
げっ……
やばい。寝よ
ジミン先輩
それで起きます?
グク
んーキスしたら?
テヒョン先輩
そ、それは…
もっと嫌だな
お兄ちゃん
てか、もうそろそろ病院着くぞ?
グク
んじゃ起こします?
テヒョン先輩
そうだな
グク
おーいあなた起きろ〜
あなた

ん〜……

テヒョン先輩
可愛すぎだろ
お兄ちゃん
ははっ笑
お兄ちゃんがぶんぶん振り回す。
あなた

ん……やだぁ……

ジミン先輩
夢でも見てんの?
グク
ちょ、無理だって
テヒョン先輩
あなた〜起きろよ〜
あなた

ん〜?……

ジミン先輩
起きた?
あなた

もうちょっとぉ…

お兄ちゃん
着くってば!!
なかなか起きない私は珍しい。
いつもはすぐ起きるのに。
テヒョン先輩
ちょっといい?
すると、テヒョン先輩が、私を持ち上げて、お姫様抱っこする。
グク
わーーーー
ジミン先輩
寝てる時は無防備なんだね?
お兄ちゃん
お前っ、エロいぞ
テヒョン先輩
だめだわ……
グク
ほらっ、早く病院行こーぜ?
テヒョン先輩
そ、そうだな!!
お兄ちゃんが私のほっぺを引っ張る
あなた

んっ……いひゃいってば〜

グク
はぁ、ようやく起きた
あなた

んっ〜寝てたの?

テヒョン先輩
うん。そうだよ
あなた

っ、てか!!なんでテヒョン先輩にお姫様抱っこされてるんですか!!

テヒョン先輩
起きないから
テヒョン先輩はニコッと笑うけど、他の3人からの目線が痛い。
お兄ちゃん
よし、行くぞ
ジミン先輩
はーい
病院の受付のナースさんがすっごいテヒョン先輩の事を見ていた。
たぶん、タイプなんだろうな…
ようやく呼ばれてお兄ちゃんと一緒に行こうとすると、
グク
俺が行く
テヒョン先輩
いや、俺が行くから、
ジミン先輩
ぼ、僕が行く!!
誰でもいいと思ったけど、とにかくお兄ちゃんと一緒に行った。
テヒョン先輩
俺行きたかったな〜
グク
俺も行きたかったし
ジミン先輩
誰だって一緒だよね笑
診察室に入ると、身長が高そうな先生がいた。
お父さん (病院の先生)
どうも〜
キムナムジュンです〜
お兄ちゃん
ど、どうも。
私は少し頭を下げた。
お父さん (病院の先生)
どうしました〜?
あなた

えっと、転んで怪我しちゃって、その時に右の足首を痛めちゃったので見てもらいに来ました。

お父さん (病院の先生)
ほー
右足首ね?おー凄い腫れてるからもしかしたら骨折してるかもね〜
レントゲンとりましょか〜
そう言われて、レントゲン室に連れていかれる。
レントゲンを撮られて、診察室に戻って来た。
お父さん (病院の先生)
んーーと、骨折してますね〜
お兄ちゃん
まじか…
お父さん (病院の先生)
とにかく、ギプスして、松葉杖使ってください〜
あなた

あ、え、はい。

なんと、軽い怪我だと思ったら骨折してたみたい。カナちゃんって奴め。後で見てろよ…
ギプスも付けて、松葉杖も借りて、診察室を出て、待合室に戻って来た。
グク
え、
テヒョン先輩
え、
ジミン先輩
え!?
あなた

あ、ははっ

グク
大丈夫かよ
テヒョン先輩
骨折?
ジミン先輩
歩ける?
みんな心配してくれた。でも、1番心配してるのはお兄ちゃんだった
あなた

まぁ、骨折してたんだけど、これから1ヶ月松葉杖だってさ

グク
そっか、
テヒョン先輩
まぁ、明日はみんなで学校行くから大丈夫だって!!
ジミン先輩
そうそう!!
お兄ちゃん
そうだな!!
んで、なんだかんだで、家に帰ってきました。
あなた

ただいま〜

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

靏
書いてる人女だと思うじゃん、それが男なんだな。