プリ小説

第18話

虎先輩。
虎先輩に電話をして待ち合わせ場所まで走った
テヒョン先輩
そんな走らなくてもよかったのに〜
虎先輩は少し早く場所についていた。
あなた

はぁ……ごめん、

テヒョン先輩
んーん、そんな待ってないから大丈夫。
テヒョン先輩
で、話したいことって?
私はゆっくり息を吸った
あなた

まだお試し中だけどさ、私でいいならよろしくお願いします(?)

戸惑いすぎて語尾が上がってしまった。
テヒョン先輩
抱き締めてもいい?ダメって言われても抱き締めるけどさ、
あなた

なにそれ…w

私は虎先輩にぎゅっと抱き締められた。
テヒョン先輩
あー、断られると思ってたから予想外だな〜
テヒョン先輩
結構緊張するね?
あなた

私の方が緊張したし!

テヒョン先輩
そっか、でも俺を選んでくれてありがと
あなた

こちらこそ、ありがとう。

幸せな時間がこのまま続けばいいのにね………?
悪夢はすぐやってくる。

神様は私達を幸せにしたくないみたい…
優香
あーあ、テヒョン先輩取られちゃった
優香
ま、今の間だけなら別にいっか
グク
優香、お前何考えてやがる
優香
んー?グクもあなたの事諦められないんでしょ?
グク
まぁ、
優香
好都合ね、私も丁度テヒョン先輩狙ってたの。
ね、あなたと結ばれるようにしてあげるから私と組まない?
グク
いーけど、あなたにはなんもすんなよ
優香
お、ノリいいね。よし明日からよろしくね〜
こんな事があったなんてね、まだ誰も気づいてない。
テヒョン先輩
よし、もうそろそろ帰ろっか
あなた

なんとなくだけど、虎先輩の家に泊まりたいなって思った

テヒョン先輩
泊まる?
あなた

いいの!??

テヒョン先輩
いーよ別に
はい、そういうことで(どういうことで)虎先輩の家に泊まることになりました。
あなた

意外と近いね、家でか

テヒョン先輩
ちなみに一人暮らし。
あなた

一人暮らしでこれはデカすぎるよ虎先輩

うん、流石お金持ち。
テヒョン先輩
ん、入っていーよ
あなた

お邪魔します〜

うわ、めちゃくちゃ綺麗。
テヒョン先輩
全然綺麗じゃないや、ごめんね
あなた

ううん、全然綺麗だよ

うん、やばい
テヒョン先輩
もう9時だけど家とかに連絡しなくていーの?
あなた

多分大丈夫だよ、なんかあったらメールくるし

テヒョン先輩
そっか、なんか食べる?
あなた

ううん、家で食べてきたから大丈夫。

テヒョン先輩
お風呂入ってきていいよ、
あなた

でも着替えとか何も持ってきてないや

テヒョン先輩
俺の使う?
あなた

(´ー`*)ウンウン

テヒョン先輩
じゃ、Tシャツとジャージでいい?
あなた

うん、ありがとう

いやー、テヒョン先輩の家広いな〜

お風呂までも広いよ、やばーい
テヒョン先輩目線

やばやばやばやばやば、理性保つかな保つかな保てるかな、無理があると思うんだけどなどうしようかな大丈夫かな
テヒョン先輩
あなたが彼女とかやばいな………





主人公目線
あなた

あー、気持ちよかった。

脱衣所で先輩に借りたTシャツを着てジャージ履くんだけどまぁぶかぶかなわけ、とりあえず履いてリビングまで行く。((よくあるパターン
テヒョン先輩
おかえり、ジャージ大きかった?
あなた

うん、めっちゃぶかぶか

テヒョン先輩
そっか、なんか他にあるかな
あなた

いいよ別に、Tシャツ大きいからこれだけ着たらワンピースになるし

テヒョン先輩
じゃあ俺もお風呂入ってくるね
あなた

うん、

いい子で待っててね、なんて言いながら頭をわしゃわしゃしてリビングから出てった。
あなた

なにそれずるい……

多分今、顔真っ赤だと思う


ソファに座りながらテレビを見る。
テヒョン先輩
ごめん、遅くなった
あなた

大丈夫〜

あなた

先輩、髪の毛まだ濡れてる

テヒョン先輩
乾かしてくれる?
え、なにこの可愛い生物。
え?可愛すぎるでしょ、反則でしょ。
上目遣いだよ?半殺しにしようとしてるでしょ。

え、何この可愛い生物((2回目
あなた

乾かしてあげる、

テヒョン先輩
やった、
ぶぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ((ドライヤー
あなた

終わったよ、

テヒョン先輩
ん、ありがと
はい、可愛い
あなた

虎先輩眠そう、

テヒョン先輩
ん、眠い
テヒョン先輩
てか、いつまで先輩呼びなの?
あなた

いや、んー、

テヒョン先輩
テヒョンって呼んでよ
なんて言いながらじりじりと距離を詰めてくる
あなた

て、……ひょん

……………………!????????
テヒョン先輩
呼んでくれたお礼?ご褒美?まぁしたかっただけ。
((あなたちゃんの唇に何かが触れましたよ皆さん!!!!!))
テヒョン先輩
ねぇ、顔真っ赤だけど大丈夫?
あなた

だ、だ、大丈夫っ…………

テヒョン先輩
照れすぎ、こういうの慣れてない?
あなた

いや、そういう訳じゃ…………

テヒョン先輩
そっか、






顔真っ赤だし、めっちゃ顔真っ赤だし
テヒョン先輩
もう寝よっか。
あなた

じゃ、私はソファで…

……………………………!??
テヒョン先輩
そういうの無し。一緒に寝るからあなたは俺の彼女でしょ?
((お姫様抱っこなうですよ皆さん!!!!!))



((そのままベッドinですよ皆さん!!!!!!!))
テヒョン先輩
おやすみ、
あなた

おやすみ………なさ…い

顔真っ赤だよ!!!りんごみたいだよ!!!!
テヒョン先輩
好きだよ、あなた
………………………////////////////



((↑連打するの大変だった))
あなた

てひょんのこと大好きだし……

テヒョン先輩
そういう時呼び捨てとかずるい、
あなた

てひょんが呼べって言ったんじゃん

テヒョン先輩
先輩のままでいーよ
あなた

じゃあ、てーくんって呼ぶ。
学校では虎先輩。
たまには呼び捨てするね?

テヒョン先輩
わ、小悪魔だ。
あなた

ふふ、おやすみ

テヒョン先輩
ん、おやすみ小悪魔ちゃん





おでこにちゅって!おでこに!!!!ちゅって!!!!!お!!で!!こ!!








今日付き合ったくせして寝る前までラブラブなお二人さんです。

猫科カップルと命名しよう。

テヒョン先輩が虎🐯
あなたちゃんが猫🐱


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

靏
書いてる人女だと思うじゃん、それが男なんだな。