第4話

天野 悠久side1
312
2018/01/11 10:26
女子
ね、知ってる?
オークション
女子
オークション?
女子
そそ!今噂になってるの

秘密のオークションっていってさ!
お願い事叶えてくれるけどその代わりにお代が欲しいらしいの
女子
えぇ、高いのはやだなぁ
女子
でも、叶えてくれるっていいよね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
‥‥オークション?
天野 悠久
天野 悠久
ねぇ、
女子
え、?
きゃぁっ!あ、天野くんッ!
こういう反応苦手‥
天野 悠久
天野 悠久
あのさ、オークションってなに?

ごめん、盗み聞きするつもりなかったけど聞こえてきた
女子
あ、うん、
えっとね?
夜、急に後ろから声をかけてくるらしい

赤いドレスっぽい服を着て、小5か4くらいの女の子らしい
天野 悠久
天野 悠久
ふーん、
ありがと
女子
うん!!
女子
は、話しかけられちゃったね!
女子
か、かっこよすぎたぁ!!
聞こえてる‥‥

ま、試してみようかな
ー夜ー
天野 悠久
天野 悠久
じゃ、いってきます
お母さん
あらどこ行くの?
悠久
天野 悠久
天野 悠久
ちょっと、そこら辺ぶらぶらしてこようかなって
お母さん
そう?夕食前には帰ってきなさいよ?

危ないから、いい?
あの子みたいにどこかへいかないで頂戴ね‥
天野 悠久
天野 悠久
‥‥うん、大丈夫。
俺、男だから。心配しないでな。
じゃ、いってきます
胸がズキンッと痛むのを感じにながら、外を出る

母さんは、俺の後ろ姿を悲しい顔で見ている気がした
トッ、トッ

自分の走りの軽快な音が夜道に響いている気がした
謎の女の子 アリナ
謎の女の子 アリナ
ねえねぇ
女の子の声‥

来た
俺は振り返る
謎の女の子 アリナ
謎の女の子 アリナ
ん、あれ?
フフッ
あなた‥
天野 悠久
天野 悠久
久しぶり、アリナ
俺は、にっこりとした笑顔で言った

でも俺の心は憎しみと殺意が混ざりあっていた

プリ小説オーディオドラマ