プリ小説

第5話

呼び出し
そういえば雫ちゃん悠太が呼んでるって言ってたような
あなたちゃん??大丈夫?
あの、悠太くんが呼んでるんだけど…
あなた

え?えーっと大丈夫!うん!
全然大丈夫!ありがとね!

やばいやばい!悠太待たせちゃってるよー!


バタバタ
悠太
おせーぞ!
あなた

ご、ごめん。ハァハァ

悠太
まあ、いい
じ、実はな…
あなた

??

も、もしやこれは…!!
悠太
マネージャーやらないか?
だよねー


そんなわけないかぁ


告白されるかもってちょっと期待しちゃった


で、私がマネージャーってどういうこと?
あなた

え?私が??

悠太
おう
頼めるのお前ぐらいしかいなくて//
なんで照れてんのぉぉぉ!


可愛すぎでしょ、もう!!///


そんな頼まれたら断る理由なんてない!


しかもマネージャーという大チャンス!


これで一気に距離縮めてやるぅぅう!!
悠太
あなただめか…?
あなた

や、やってあげてもいいよ!//

ああ、また可愛くないこと言っちゃったよ!


顔も赤いし…最悪だ
悠太
マジ?!ありがとな!
帰りにアイスでも奢ってやるよ(ニカッ
あなた

…!!/////

その笑顔は反則じゃないですか?///


ああ、また好きが増えてくよ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

孤
孤と申します。 文才皆無ですが、どうぞ宜しくお願いします よろしくお願いします( ..)" お休みしててすみません。また更新致します