無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

お久しぶり
未来の自分
やあやあ!若者!
あなた

わっ!びっくりしたー

そういえば最近見かけなかったな
何してたんだろ?
あなた

ねえ、最近どこ行ってたの?

未来の自分
いやぁ、ちょっとね
怪しい…
あなた

どこ行ってたの??

未来の自分
いろいろだって!
そんなことはいいの!最近どうだった?
あなた

あ、そういえば今日買い出しがあったんだけど雫ちゃんが本性を…

未来の自分
おーおー、やっとか
あなた

やっとかって知ってたの!?

未来の自分
前に私が弱点があるって言ったでしょ?
あなた

あー、そういえば!

そのことかあ


でも、弱点っていっても私にしか本性現さないだろうし


どうするんだろ?
あなた

私具体的にどうすればいいの?

未来の自分
それは自分で考えなきゃ意味がないでしょ
あなた

うーん、でも難しいな

未来の自分
だったらさ違う所に目を向けてごらん
世界っていろいろあるもんだよ
ヒントさえも難しくて


どうなるか分からないけど


よく見なきゃ気づかないこともあるってことだよね


頑張ってみるよ
未来の自分
___だから。
未来の私がなにか言ってたなんて知る由もなく


私は少し前を向いた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

孤
孤と申します。 文才皆無ですが、どうぞ宜しくお願いします よろしくお願いします( ..)" お休みしててすみません。また更新致します
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る