無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第20話

運命なんて
あなた

悠太ーー!!!

悠太
あなたっ!!
悠太
お前、なんで美月とキスしてんだよ!!
あなた

何言ってんの?

悠太
は?嘘つくなよ
俺見てたんだよ
あなた

あれはッ!
美月くんが私の背中を押してくれたの

悠太
どういうことだよ?
あなた

スゥー
私、悠太が好きだーーーーー!!!!!!

悠太
え…
あなた

ずーっと前から好きで、でも素直になれなくて
こんな可愛げのない私で良かったら付き合ってくださいッ

悠太
俺も好きだよ
俺だって素直じゃないけどよろしくお願いします
嘘だ…


でも、嬉しい


言葉に表せないぐらいに
あなた

よかっ…たぁ、、グスッ

悠太
泣くなよ
よかったよ、ほんとに
美月
おめでとう
あなた

美月くん!

あなた

ありがとう!!

私はこれまでにないぐらいの、笑顔で笑った
最初は、タイムスリップしてきた未来の自分に
未来の自分
告白しなさい!
なんて言われて


雫ちゃんっていうライバルもできて


勝ち目ないんじゃないかって泣いて


美月くんの優しさに甘えて


雫ちゃんとケンカして


未来だって変わって


大変なことばっかだったけど


知れたから変えられる未来もあるんだ


運命なんていくらでも変えられるよ
あなた

運命なんて変えてやるッ___!!

って叫んだのはいつだっけ?
この運命を変えないように自分で未来を切り開いて行くんだ
君とどこまでも続く運命を___。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

孤
孤と申します。 文才皆無ですが、どうぞ宜しくお願いします よろしくお願いします( ..)" お休みしててすみません。また更新致します
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る