プリ小説

第3話

夕飯がお寿司のワケ。
あれから何日が経っただろうか。
すっかりチョロ松の就職する宣言のことを、みんな忘れていた。

_その日の夜_

松代「ニート達〜ご飯よ〜」

全松「はぁ〜い」

お「ねぇカラ松、今日の夕飯なんだと思う?」

カ「なんだろうな〜?まぁ、俺はお前らと食えるものならなんでm、ぐえぇ!?!」

一「じゃあお前はネコ缶でも食ってろ(缶ごと)」

チ「・・・・」

十「チョロ松兄さんどうしたのー?」

チ「あーいや、なんでもないよ・・w」


お「おお!寿司じゃん!どうしたの!?早く食おーぜ!いっただっき」

松代「待ちなさい!まだ食べちゃダメ!」

ト「なにかあるの?母さん、」

松代「フフフ♪実はねっ、チョロ松が就職する事になりました〜!!♪」

チ「・・・・///」

_しーーーん_

「「「「「えええええええ!?!!!?!」」」」」

ト「ちょwえ、チョロ松兄さん?正気?w」

一「マジかよ・・・」

カ「流石だ!Myぶらz((ネコ缶

お「(うそ、だろ、・・・)」


_次の日の朝_


チ(ゴソゴソ…)

お「・・・・チョロ松、」

チ「え、あ、おそ松兄さん起きてたんだ」

お「お前ホントに仕事に行くのか?」

チ「何言ってんの?仕事をするのがあたりまえなの!じゃ、僕はこれから、ちゃんとした人生を歩んでくから。いってきます!」

(バタンっ)

お「・・・・・チョロ松・・・・」



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りん_✍
りん_✍
#深海魚大好き系じょし。 ホラー系とか恋愛系とか書きたいなぁ… 語彙力ナッシング アニメオタクなんです。 気ままに更新…