プリ小説
一覧へ

第6話

兄さんがおかしい。
チョロ松
ん…朝か…。
起きないと…
無事に就職できてから、僕はとても充実した毎日を送れている。
親孝行もできたみたいだし、僕はもう立派な人間だ!
もうあんなニート生活、こりごりだ!
チョロ松
んじゃ母さん、行ってくるね
初めての満員電車、
チョロ松
おはようございます!

…さて、仕事にとりかかろう
初めての仕事作業、
どれもこれもが新鮮で、とても楽しいと思った。働くっていい事だな、と思った。
チョロ松
(カタカタカタカタカタカタ…)
でもやっぱり頭に浮かぶのは、兄弟の事。
今は何してるんだろう、
トド松は…相変わらず女の子と居るのか…?
十四松はきっと、野球をしに行ったかな。
一松は猫と戯れてると思うし、
カラ松兄さんは、、、うん…。大体予想できる。




おそ松兄さんは・・・・

上司
おーい!松野ー!
チョロ松
あ、はいっ!今行きます!
僕は今、そんな事を考えてる場合じゃないんだ。
早く、誰よりも、ちゃんとした人間になりたいんだから!
チョロ松
…え、接待…?
上司
そうだ。今夜お得意様との接待があるんだが、どうだ、松野も行かないか?何事も経験からだぞ?
チョロ松
…!行きます!行かせて下さい!
上司
じゃあ仕事終わりな!
チョロ松
はい!
やったぁぁぁぁ!!!!!接待だぞ!せ っ た い!
僕は嬉しくて、お昼休みに、家に電話をした。
…プルルルル…プルルルル…
おそ松
はい、どなた?
チョロ松
…あ、おそ松兄さん!聞いてよ!
おそ松
…何?
チョロ松
僕、今夜接待するんだ!すごくね!?ぽいでしょ!?ぽいよね!?
おそ松
あ、あぁ…頑張れよ。
チョロ松
え、何その反応、
おそ松
別に?何もありませーん
チョロ松
あっそ!んな訳で帰り遅くなるから。母さん達に言っといてね!
おそ松
はいはい。じゃあな。
(ガチャン)
な、なんだよアレ…💢
なんか最近ずっとああなんだよな! 俺が何したって言うんだよ!
まっ、いいか。あんなニートほっとこ。
僕は僕の人生を生きるんだ…。



・・・・。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

りん_✍
りん_✍
#深海魚大好き系じょし。 ホラー系とか恋愛系とか書きたいなぁ… 語彙力ナッシング アニメオタクなんです。 気ままに更新…