無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

学校 3
~授業中~
あなた

はぁ…

あなたは誰にもバレないようにため息をついたそして心の中で…
あなた

なんか朝から疲れた~…。

あなた

宏光先輩ったらもう…

あなた

思い出すだけでもすごく恥ずかしい!!!

あなたは窓の外を見て思った
あなた

もしかして、宏光先輩ってドSなのかな…??

そう考えてると…裕太と宏光先輩同時にLINEが来た
裕太
お前、授業に集中しろ。ボケ!
宏光先輩
授業、自習だから暇~自習してるぐらいならあなたといたい~
あなた

裕太…ボケ!は酷い!!!!まだボケてないもん!!!アホ!!!

あなた

あなたも宏光先輩に会いたいです😭

裕太
ボケはボケだろ!!(笑)俺はアホじゃねーし。天才なの!!
宏光先輩
その絵文字可愛いじゃん♪
あなた

(笑)裕太が天才って(笑)

あなた

ありがとうございます♪

裕太
はぁ!?俺は天才なの!分かれやアホ!チビ!ボケ!!
宏光先輩
ヤバ!!先生来たからまた後で連絡するわ!!
あなた

なっ…!!!裕太酷い!!!チビでもアホでもボケでもないってば!!!

あなた

わかりました♪

裕太
どーだろうね!チビはかわりないだろ。だってあなたチビだから(笑)
あなた

酷いよ!!!だから、チビじゃないって!!このくそデカ!!

裕太
くそデカか~可愛そうなくそチビちゃん♪
裕太から返信はあったが腹が立ち既読無視をした。
そしてそのまま授業は終わっていった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍋🍑🍏🍎
🍋🍑🍏🍎
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る