無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,493
2018/01/05

第2話

出会い
お母さん
消えて!
私の前から消えろ!
私のお母さん…
前はこんなじゃなかったんだけどな…

言われた通りに、お母さんの前からいなくなる。
っていっても自分の部屋に行くだけなんだけどね
あなた

はぁ…

この生活、いつまで続くんだろ…


ガチャン


あ、お母さん仕事行っちゃった…


よし!
決めた!!


もう、こんな生活嫌だ。
だったら自分がここを出ればいい。
お母さんには置き手紙書いておけばいいよね。



外に出るの久しぶりだな…



きっとすぐに帰ってくるし、荷物はそんなに要らないよね


ガチャン

鍵をちゃんと閉めて、よし!

出発だ




全然外に出てなかったからなんか気持ちいい








ドンッ

あなた

きゃっ!

??
わっ!
あなた

ご、ごめんなさい!

ジン
ジン
って…
あなた

ご、ごめんなさい、
だ、大丈夫ですか??

ジン
ジン
大丈夫ですかって
あんたが怪我してんじゃん
あなた

え?

ジン
ジン
そこ
あなた

あ…これ…

これ、さっきお母さんにやられたやつ…
ジン
ジン
へーき?
あなた

あ、大丈夫です!

バレたくない…
ジン
ジン
いや、ダメでしょ。
あなた

え?

ジン
ジン
来て。
手をひかれる
あなた

ど、どこ行くんですか?

ジン
ジン
俺たちの家
あなた

?!

家に行くって…
どういうこと?!



これからどうなるの?!