無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,221
2018/01/14

第13話

ジン君ありがと!!


私は今小さい頃にお父さんとお母さんと一緒に遊びに来た公園にいる

あなた

懐かしいな…

あなた

あの頃は凄く楽しかったな…


そう思っているのもきっと私だけ

やっぱり私は一人ぼっちなのかな…
マホト
マホト
あ、こんなところにいた!
あなた

あ、マホト…
何してるの??

マホト
マホト
迎えに来たの
あなた

誰かと待ち合わせしてるの?

マホト
マホト
ちげーよw
お前を迎えに来たのww
あなた

私か!w

あなた

ありがとね〜w

マホト
マホト
荷物は持ってこれたの?
あなた

うん!

マホト
マホト
じゃ帰るぞー
あなた

はーい!

マホト
マホト
マホトが手を差し出してる
あなた

ん??
なに?

マホト
マホト
だーかーら、手、繋ご?
あなた

へ?!

マホト
マホト
ほら!
ギュッ
あなた

わっ!///

マホト
マホト
帰ろ
あなた

うん!

__ガチャ
あなた

ただいまー

サグワ
サグワ
おかえり!!
ジン
ジン
おかえり
ご飯出来てるよ〜
あなた

ほんと?!
お腹空いた〜!

ー食べ終わるー
ジン
ジン
あなた、ちょっと来て?
あなた

うん!

ージンの部屋ー
ジン
ジン
大丈夫か?
あなた

え?何が?

ジン
ジン
我慢、してんだろ?
あなた

してないよ〜

ジン
ジン
おいで
あなた

え?

ジン
ジン
抱きしめてあげる。
あなた

大丈夫だよ〜w

ギュッ
ジン
ジン
泣けよ
あなた

…やだよ。

ジン
ジン
泣け。これ命令だから。
あなた

しょうがないな…
聞いてあげよう…

それから私は夜中まで泣いた
あなた

ん…あれ…?

寝ちゃってた…

ジンが私を抱きしめるような形で寝てる
あなた

ジン?

ジン
ジン
ん…おはよ
あなた

昨日はありがと

ジン
ジン
あなたは俺の命令聞いただけでしょ
あなた

でも、ありがと!

ジン
ジン
ほら、起きれる?
リビング行こ
あなた

うん!行く!


みんなに会えてよかったな〜


これからの毎日がめっちゃ楽しみ(*´∀`)♪

楽しくなるといいな〜

あなた

ジン君ありがと!

ジン
ジン
君呼びやめろw