無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

976
2018/04/01

第25話

よかった……
お母さん
ん……
あなた

お母さん!



お母さんが目を覚ました




一通り検査が終わったあと、お医者さんが、

「倒れた原因は疲労でしょう。
少し休めば大丈夫ですよ。」

って言ってた……


お母さん
あなた……
あなた

お母さん……大丈夫……?

お母さん
……大丈夫に決まってるでしょ。
あなた

そっか……

お母さん
帰ってよね……
あんたなんかい必要ないし
マホト
マホト
ちょっと、それはないでしょ。
あなたを助けたのはあなた何ですよ!
お母さん
助けた?……頼んでないし
マホト
マホト
っ〜!!
あなた、帰ろ。
こんな人ほっといたってへーきだよ
あなた

私は、もう少しいる……

マホト
マホト
はぁ?ったく……
俺は先に帰るからな
あなた

うん、ありがとね

マホト
マホト
おう
お母さん
早く帰ってくれない?
邪魔なんだけど
あなた

ごめんね……

お母さん
辞めてよね、イライラする










お母さんが退院するまでやっぱりこんな感じが続いた。


だけど、私はお母さんの様子がきになって、
週に2、3回家に様子を見に行ってみることにした。


1回目はやっぱり追い返された……

2回目も同じ。
だけど、忘れ物をして家に戻ると











お母さんは……


































泣いてた……
























ども!さ や🐾です!


最近更新おやすみしててごめんなさい🙏


実はですね、新しい小説書き始めました!


そっちも恋愛ものなので、是非読んでみてくださいw

『キスのその先』って題名のお話なんですが、
「たぶん⇒*恋物語*」
と少し繋がってるお話になってます〜


興味があれば、読んでみてください〜😃


以上、さ や🐾からでした〜🙋👋