プリ小説
一覧へ

第1話

始まり
私の名前はあなた
スポーツが大好きなちょっとボーイシュな中学三年生。
中学校での位置は中の上くらいかなぁ。
まぁ、私のことは後々知るから、私の不思議な話をするね。

いつものベル。いつもの朝。いつものご飯。
普通の中学生なら自分を可愛くするが、私の髪はストレートのショートだし、どうせスポーツをするから何もしない。

「行ってきまーす!」
タッタタ、リズム良く階段を降りる。
うん!今日もいい日。
学校まで走れば五分。いつもみたいに下駄箱で友達に会う。
「おはよーあなた!今日も相変わらずかっちょいー!
私の親友の枢木桜
フワフワ系の女の子。男子からも女子からも人気がある完璧な女の子。私の自慢の親友。
まぁ、欠点は運動音痴なとこかな?

ガラガラ。教室に入ると、いつもの風景。
あら1人の女の子が私に
「ねね!この間誰と付き合いたいかランキング付けたの!そしたらね、あなたが1番だったよ!」
嬉しいような嬉しくないような顔をした。
「ちなみに2位は桜木くんだったのー」
そうなんだ。桜木って人気あるんだ。
メガネでいっつも本読んでる、まぁ嫌いじゃないけど話をよくするタイプでもない。
カッコいいらしいけどね。
「ちょっと〜あなたは桜のものなんだから取らないでね」
ムスッとした表情で桜が言った。
「そんな本気になるなって、いつか桜にも彼氏ができるだろうっ、全く可愛いやつ。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

りんご
りんご
よろしくお願いします