プリ小説

第65話

フィッシャーズと恋愛 #60
芽)……無理しないでね。
〇)うん。
大丈夫!
私には、芽生と緋莉がついてるから!
緋)〇〇……
芽)帰ろっか。
〇)だね!
~屋上~
ぺ)〇〇帰ってるぞ!
ン)は?
どうすんだよ!
女1)明日覚悟しときなさいボソッ
~翌日~
〇)どうしようねー…
芽)……窓からは?
緋)いいかも!
うちらの教室1階だもんね!
〇)……
芽)どうしたの?〇〇
〇)芽生、緋莉。
二人にだけ、教えたいことがあるの。
芽)何?
〇)私のお母さん。
会社員じゃなくて、大統領の秘書なの。
それでその大統領は、おじいちゃんなの。
芽、緋)?!?!?!
〇)ごめんね。
今まで隠してて。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍓( '-' 🍓 )イチゴ
🍓( '-' 🍓 )イチゴ
小説描くの下手くそですがよろしくお願い致しますm(*_ _)m