プリ小説

第111話

フィッシャーズと恋愛 #103
シルク
うわぁ
裏切り者がのうのうと学校来てるww
ペけたん
ほんとほんとww
芽生
(・д・)チッ
〇〇
芽生!
やめて
芽生
ごめん
舌打ちはよくなかったね
モトキ
〇〇大丈夫?
〇〇
全然!
そうだ今日みんなでご飯食べに行くから帰るのちょっと早いかも
芽生
('ω'◎)イイヨー
マサイ
d(・`∀・´)b
モトキ
おけ!(。`・o・。)
ダーマ
俺らのこと無視かよww
シルク
気にしてもらった方が嫌だろww
稜弥
……
〇〇
稜弥行くよー
稜弥
分かった
~教室~
稜弥
ねーちゃん大丈夫なの?
〇〇
全然!
ほんとのこと知ってるし
モトキ
澄流のやつか
〇〇
そうそう
芽生
バカだよねーww
絶対嫌われる
澄流
あっシルク!
シルク
ん?なんだ?
澄流
シルクは、私と付き合ってるもんね〜
そういうことにしないと〇〇殺すよ(ボソッ
シルク
?!…おう
〇〇
そーなの?!
澄流
うん!
心:フッ羨ましいでしょ!
〇〇
おめでとう!
澄流
え?
〇〇
だって付き合ってるんでしょ
おめでとう!
今度お祝い買ってくるよ!
澄流
あ…ありがとう
心:好きな人シルクじゃなかったの?!
…まぁいいわ好都合🎵
シルク
心:俺はこいつなんかと付き合ってねえーよ
気づいてくれよ〇〇……
モトキ
そうだ。
今日服の続きやるんでしょ
芽生
あぁ文化祭の
〇〇
そうだよ。
もうそろそろ完成するからね。
文化祭まであと1ヶ月ぐらいだから教室の飾りつけのやつも考えよっか。
マサイ
だな!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍓( '-' 🍓 )イチゴ
🍓( '-' 🍓 )イチゴ
小説描くの下手くそですがよろしくお願い致しますm(*_ _)m