プリ小説

第127話

フィッシャーズと恋愛 #116
~教室~
〇〇
ただいまー
芽生
おっ。
おかえりー
〇〇
芽生放課後空いてる?
芽生
('ω'◎)イイヨー
モトキ
マサイ放課後空いてる?
マサイ
うん!
まぁ言うこと何となく分かるけど
澄流
心:あいつ最近調子に乗りすぎ……
どうしたらいいんだ?
……そうだ……フッフッ
澄流
シルク〜💕 
シルク
何?
澄流
ゴニョゴニョ
シルク
は?!
そんなの出来るわけ……
澄流
〇〇を殺されたいの?(ボソッ
シルク
うっ……わ…分かった……
澄流
ぺけたん君にも言っとくから昼放課にやってね
シルク
……
~昼放課~
シルク
おい!
〇〇ちょっといいか
〇〇
?
分かった。
ってことで芽生ちょっと行ってくるわ
芽生
……ついてこうか?(ボソッ
〇〇
大丈夫!(ボソッ
~体育倉庫~
〇〇
あっぺけたんもいるじゃん
シルク
むこうむけ。
目隠しするぞ
〇〇
?
うん
シルク
ぺけ手縛れ
ペけたん
うん
手を縛り目隠しをする
シルク
心:……なんで…俺が……ごめんな😭
〇〇を倒す
〇〇
うわ!( ; ̄ω ̄)イテテ・・・
〇〇の上にシルクが乗る
シルク
もう学校来れなくしてやるよ
上着に手をかける
〇〇
?!
やめて!
みぞに蹴りが入る
シルク
うっ……ガハッ…
ペけたん
?!大丈夫!
……くそっおらっ
足を蹴って倒そうとする
〇〇
心:後ろから蹴りが来る!
避ける
ペけたん
うわ!
シルク
もうやるしかねぇ
動かないように掴む
〇〇
…もうやめて!!!!!!
〇〇
ファイヤードラゴン『ヒュウ』!
シルク
?!?!?!?!?!?
ひ、火の龍!
〇〇
ヒュウ手の縄燃やして
ギャアァァ
縄を燃やす
そして目隠しを取る
〇〇
ヒュウありがとう(*^^*)
シルク……これ以上私に関わらないでほしい
シルク
……
〇〇
さよなら

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍓( '-' 🍓 )イチゴ
🍓( '-' 🍓 )イチゴ
小説描くの下手くそですがよろしくお願い致しますm(*_ _)m