無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

出会い
「どうした?何かあったのか?」


と、焦茶色の髪の着物を着た男性が彼女に話しかけた。


「さっき空から降ってきたのよ!」


どうやら、二人は知り合いのようだ。


「ん?降ってきた?空から?」


軽く聴き逃していたが、空から降ってきた?


「ええ...覚えてないの?...それより、どうして空から?」


ワクワクした瞳でこちらを見ている彼女に、彼は、


「落ち着け、瑠璃子。困っているだろう」


「だって御影!こんなの中々ないわよ!!」


「えっと、るり子さんと、みかげ、さん?」


と聞くと、


「これは失敬。僕は藤野 御影と申します。」


「私は、福王寺 瑠璃子です。あなたの名前は?...服も、少し変わっているようだけど...あなたは一体どこから来たの?」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

. り ぅ
. り ぅ
___16の代 🍓 恋愛モノ書いてます✏ よかったら読んでってください♪
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る