プリ小説

第12話

月日
ーーあれから一年


私と一也は仲良くやっている。


喧嘩もするし、殴り合いもするけど(主に私が殴ってるだけなんだけど)、それでも、上手くやってる。


「そういや、私が一也と別れて、土手で泣いてた時さ!タイムスリップ?したんだよねー」


と言うと、


「はあ?んなわけあるかよ。ショックで夢見てたんじゃね?」


って、やっぱり信じてもらえなかった。

まあいいけど。


「じゃあね!」


「おう、またな」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

. り ぅ
. り ぅ
___16の代 🍓 恋愛モノ書いてます✏ よかったら読んでってください♪